平成25年度事業成果その他についてご報告致します。

「特定非営利活動法人アンコールワット日本文化交流会」よりカンボジアの「国際日本文化学園(一二三日本語教室) 平成25年度事業成果その他についてご報告致します。

平成26年1月5日、アンコールワット日本語教師会主催・在カンボジア日本国大使館共催「第4回アンコールワット日本語コンクール」にて朗読部門5名中3名、朗読劇部門4組中3組、寸劇部門4組中4組が国際日本文化学園より出場し、全部門で優勝致しました。 同年3月22日、在カンボジア日本国大使館主催「第5回日本語学習者によるのどじまん大会」に国際日本文化学園より1名が出場し、優勝致しました。※ 同年5月4日、在カンボジア日本国大使館・王立プノンペン大学外国語学部日本語学科・カンボジア日本人材開発センター主催「第17回カンボジア日本語スピーチコンテスト」に国際日本文化学園より2名出場し、優勝及び準優勝を其々受賞致しました。

同時開催の川柳コンクールで国際日本文化学園の学習者の作品が1・2位を受賞致しました。

独立行政法人国際交流基金・財団法人日本国際教育支援協会主催の日本語能力試験では平成25年7月・12月の2回の試験で19名の合格者を出しました。

年2回実施の同試験は昨年12月よりシェムリアップ受験が可能となり、国際日本文化学園より各回6名の試験監督員を輩出しております。

同試験N5以上に合格した高校生7名がタイ教育省主催の国際日本語キャンプに招聘されました。

アンコールワット日本語教師会主催「第2回アンコールワット国際日本語教育セミナー」では国際日本文化学園より5名の日本語教師が発表・司会等を行いました。 国際日本文化学園は、ギター・三線・バイオリン・オペラ・エレクトーン公演会場、茶道・手品・古典落語・歯磨き講習会会場、日本人会勉強会・餅つき大会会場、日本語教師会セミナー会場等として有効活用されました。

また、日本大学・久留米大学・大正大学・名古屋学芸短期大学・淑徳大学・彊樹舎・ボランティアプラットフォーム・カンボジア地雷撤去キャンペーン・日本写真芸術専門学校・ライオンズクラブ・愛知日中青年研修協会・ギブグローツアー・カイロプラクティック使節団等との交流が行われました。

カンボジアからの訪日実績は、1名が独立行政法人国際交流基金「日本語学習者各国成績優秀者 研修生、1名が同基金「海外日本語教師短期研修」研修生として招聘され、1名が沖縄JCS学院(那覇市)、2名が東京福祉大学(名古屋市)に授業料免除の特別奨学生として入学し、3名がAIJISインターンシップ、1名が愛知日中青年研修協会技能実習生で其々に来日の機会を得た。

立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部を優秀な成績で卒業した者1名、中央情報経理専門学校高崎校日本語学科及び群馬パース福祉専門学校を卒業し介護福祉士資格を取得した者2名が帰国致しました。

明治大学在学生1名が半年休学し、米国に短期留学しております。

理事長鬼一二三はアンコール日本人会会長・シェムリアップアンコールワットライオンズクラブ幹事を再任しております。

平成25年度は野田佳彦元総理、松山政司元外務副大臣と会談致しました。

日本語教育関係書籍の出版で名高い株式会社スリーエーネットワークの創立40周年記念作文コンテストに入選致しました。

玉川大学の月刊誌「全人」に2ページに亘り紹介されました。

※のど自慢で優勝したブンチエン・リヒエン(愛称:マツジュン)君の歌唱力には周辺の人々全ての手が止まる程、心が惹き付けられるものが御座います。

彼は日本語ガイドを目指して日本語を学習しておりますが、日本語・クメール語・英語の3カ国語で歌える男性歌手はいないと思われますので、是非とも歌手デビューさせたいと思っております。

来日して大勢の人々を前にして歌えるチャンスはないでしょうか。

 

留学中の一二三日本語教室OB/OG

1. 大阪大学 法学部 2回生 ヘン・ラチャナー(愛称:ナー)さん

2. 鳥取大学 地域学部 2年生 クイ・トラー(愛称:トラ)君

3. 立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 2回生 サン・ソムアート(愛称:マジメ)君

4. 明治大学 国際日本学部 2年生 ノップ・ヴィサール(愛称:ボーヤ)君

5. 東京福祉大学 名古屋キャンパス 社会福祉学部 1年生 ニウ・サンデー(愛称:テンプラ)さん

6. 東京福祉大学 名古屋キャンパス 日本語別科 上級クラス ニアック・ルッティー(愛称:オカマ)君

7. 沖縄JCS学院 中級クラス ニアック・ワンナー(愛称:オリオン)君

 

1は、文部科学省国費留学生で、アルバイト禁止です。

2~7は私費留学生で、生活費を稼ぐためにアルバイトに明け暮れる毎日です。出来れば部活動等、カンボジアでは経験出来ない活動をしながらの学生生活を送らせてやりたいと思っております。

2は、入学時に父親を亡くし、授業料免除となりました。田舎でアルバイト探しに苦労しております。工学関係の日本企業に勤める事を目指しております。

3は、授業料8割免除で入学し、残りの2割を胴長おじさんの会様よりご支援頂いております。先輩ティエロ君の紹介で、別府で一番のホテルでアルバイトをしております。カンボジアの教育改革を目指しております。

4は、公益財団法人高山国際教育財団奨学金(月10万円)に合格し受給しておりますが、審査が厳しく成績が落ちると奨学金は打ち切られます。外交官を目指しております。

5は、両親がおらず、授業料免除で入学致しました。大学内の事務所でアルバイトをさせて頂いております。カンボジアに福祉施設を作るのが夢です。

6は、来春東京福祉大学に入るための予備教育を受けております。今年度の授業料は免除になっておりますが、来春以降については不明です。入学前に大学に紹介を受けた老人福祉施設でアルバイトをしておりましたが生活費に足りず、夜明け前からパン屋でもアルバイトをしております。

7は、授業料と寮費免除で入学致しましたが、在籍出来るのは1年間だけです。運動能力が優れており、来春体育系の大学に特別奨学生として進学させて頂けないかと言う思いが御座います。

2020年の東京オリンピックにカンボジア代表として出場出来るほどの潜在能力を持っております。