吉報です!

吉報をお届け致します。  

10月23日(日)1時より、アンコールワット日本語教師会主催、在カンボジア日本大使館共催で行われる「第2回アンコールワット日本語コンクール」に、一二三日本語教室より大勢の出場者が選抜されました。

  このコンクールは、朗読部門、スキット(寸劇)部門の2通りの部門で日本語力が競われます。

朗読部門は決められた課題の中から、自ら選んだ作品の一部または全部を発表します。

スキット部門はグループのメンバーが書いた自作の脚本を演じます。

  朗読部門、中学生以下の部、3名中1名、高校生以上の部、6名中6名、スキット部門5組中3組が、当校からの出場です。

ただ今猛特訓中です。

ご声援下さい。

  朗読部門  

中学生以下の部 クン パンニャーダレーン(愛称:ダレーン)さん 「したきりすずめ」

  高校生以上の部 アム スダイさん 「わたしと小鳥とすずと」(金子みすず作品)+同詩の自作パロディー

オック カンニャータイ(アッタイ)さん 「杜子春」より抜粋(原作:芥川龍之介)

ニアック ルッティー(オカマ)君 「むじな」(原作:小泉八雲)

ホアン サウボレット君 「鼻」より抜粋(原作:芥川龍之介)

レン ソリエン君 「おみやげ」(星新一作品)

ワン ダーウィーさん 「注文の多い料理店」より抜粋(原作:宮澤賢治)  

スキット部門  

タイトル「めんせつ」

グループ名「美男美女」 スオ サオム君 ポー パイ君 サオム ソサウリー(サウリー)さん ポル ソピア(ピア)さん  

タイトル「頭が痛い漢字の日」

グループ名「白い雪」 クート シエン君 ソム ソチエター(アモン)さん マウ ダーネット(コドモ)さん  

タイトル「空手のクラス」

グループ名「V.V.C.H.」 チュン ワンナラー君 ニアック ワンナー君 ワット ソチエット君 ワット ソヘーン君  

ダレーンさんは介護福祉士の勉強で群馬に居るクマさんの妹さん、アッタイさんは日本大使館主催のど自慢大会準優勝者、オカマ君は一二三日本語教室第4回弁論大会優勝者、ソリエン君はモム先生の弟さん、ダーウィーさんは昨年に続き朗読部門2年連続出場、パイ君はサエ先生のお兄さん、サウリーさんはクメール舞踊の先生、ピアさんはグリ先生の妹さん、ワンナー君はオカマ君の弟さん、ソチエット・ソヘーン兄弟は東京で勉強中のビー君の甥子さんです。

  かしこ